この言葉を最近知りました。禅の言葉だそうです。
意味は何も考えないで、ただひたすら座禅に打ち込む事だそうです。

「ただひたすら物事に打ち込む」いい言葉だと思い心にとめて置きたいと考えブログに書いておきます。

年齢を重ねていくとなかなか「ひたすらに打ち込む」事が難しくなっているように最近感じています。

実際に20代や30代の頃にはひたすら仕事に打ち込んでいれたように思います。
何かにひたすらに打ち込んでいる人はカッコいい?って聞いた事がありますね。(笑)

男子たるもの、周りからカッコいいってセリフを言われる事にある時期、情熱を燃やしてもいいんじゃないかって思います。

姿形ではなく本当にカッコいい生き方を目指してもいいと思うし、そんなカッコを付けた生き方なんてのも30代や40代の特権のようにも思います。

「ひたすら仕事に打ち込む姿勢」そんな生き方を40代までにやった人間は少しシワの入り方も違うのかなって思ってしまうのも歳のせいなんでしょうか?